DownWell(ダウンウェル)のスタイル比較

DownWell 5つのスタイルを比較

DownWellは最初にプレイヤースタイルを選ぶことが可能になっています。ただしアンロック方式なので最初から全てのスタイルを使えるわけではありません。少しやりこんで経験値を貯めることでスタイルが増えていきます。

 

スタイルは全部で5種類が準備されており特徴がそれぞれあります。

 

初心者向きから上級者向けのスタイルまで用意されており一長一短があります。面白い部分でもありますが自分のプレイに合わせたスタイルを模索して全ステージクリアを目指していきましょう。

 

  • いつものスタイル
  • ブンブンスタイル
  • ゴロゴロスタイル
  • フワフワスタイル
  • サカダチスタイル

スタイル上記の全5種類となります。各スタイル別にメリット、デメリットを解説していきます。

 

いつものスタイル

デフォルトスタイルです。ゲーム初めから使えるようになっています。とは言っても特にスタイルによる効果を付与していないため初心者から上級者まで幅広く扱いやすいスタイルになります。スタンダードなのでメリット、デメリットがまったくありません。

 

ブンブンスタイル

落下していると現れる横穴に武器モジュールが高い確率で登場します。そのかわり横穴ショップはほとんど出現しない状況になります。武器モジュールを取得するとプレイヤーの拡張ができるメリットは大きいです。反面、ショップが出ないことがデメリットになるスタイル。それ以外はいつものスタイルと同じ感じで操作できるため初心者にもおすすめ。

 

ゴロゴロスタイル

こちらは初心者向き。
なぜなら初期値体力が4つから6つに格上げされるからだ。体力に余裕が出てくるので生存率が高まりステージ攻略もしやすくなります。ただしガンブーツの浮遊時間が短くなること。アップグレードにおける選択肢が一つ減った状態になってしまうのがデメリットになる。特に浮遊を必要としない方はガンガン落下して素早いステージ攻略も可能になる。

 

フワフワスタイル

名前の通りに浮遊時間が伸びるスタイルになる。これはコンボを繋げやすい状態になるので最高コンボを狙うプレイをするならフワフワスタイルがおすすめ。敵を踏んでもフワフワっといった感じで通常よりも上に跳ね上がります。その辺りがデメリットになりやすい方もあり。コントロールに自身がある方向けのスタイルとも言えます。

 

サカダチスタイル

これは初心者ではなく上級者向けのスタイルになります。恩恵はアイテム価格が3割引きになるのみ。またアップグレードアイテムも出現しません。そのためアイテムで自身をパワーアップすることが求められるスタイル。腕に自信が出てきたら挑戦したいですね。これでクリアできるようになれば他のスタイルでもクリアできるといった感じの難易度の高いスタイルです。